ティモ(TiMO) 成分

ティモ(TiMO)に使用している成分て何?

ティモ(TiMO)の成分は?

ティモ(TiMO)を使ってみようという人なら、ティモ(TiMO)に含まれている成分はとても気になりますよね。得に、今までにティモ(TiMO)のようなオールインワンジェルを使用して肌が荒れた経験がある人なら、ティモ(TiMO)の成分は余計に気になるものです。

 

では、ティモ(TiMO)の成分は何から出来ているのでしょうか?ここでは、ティモ(TiMO)の成分をご紹介いたします。

 

ティモ(TiMO)の成分と特徴

ティモ(TiMO)の成分の特徴は、主に保湿効果に特化した成分が多く配合されていることです。では、早速気になる成分をご紹介いたします。

アクアタイド

肌に溜まっている老廃物を排除してくれる効果のある成分です。余分な老廃物が排除されることで、必要な栄養素を取り入れやすい肌へと導きます。

ヒアルロン酸

ティモ(TiMO)では三種類のヒアルロン酸を使用しています。ヒアルロン酸はとても保湿効果の高い成分で、角質層まで潤いを届けます。

プラチナマリンコラーゲン

プラチナなので抗菌効果もありますが、高い保湿効果を発揮します。肌のバリア機能を高めます。

植物幹細胞

肌のターンオーバーを促して、古いメラニンを排出させます。

フラーレン

活性酸素を除去する効果がありますので、エイジング効果の高い成分です。

フィフローBTX

保湿効果が高く、弾力のある肌へと導きます。

グリチルリチン酸2K

ニキビ改善効果があり、皮膚科でも使われている成分です。

ビタミンC誘導体

美白効果のある成分です。

プラセンタ

馬や豚などの胎盤で、高い保湿効果や美白効果、エイジング効果など多くの美容効果があります。

プロテオグリカン

高い保湿効果がありますが、新陳代謝を活性化させる効果もあります。

 

以上が、ティモ(TiMO)の成分になります。保湿は徹底しており、その他の美容成分もちゃんと入っていましたね。

ティモ(TiMO)の成分は安全

でも、上記の成分は安全ではないと意味がありませんよね。ティモ(TiMO)の成分については、基本的には肌に優しい成分ばかりを使っていますので、安全性は高いです。そのため、安心して使うことが出来ます。

 

しかし、もしも使用していて肌が荒れた場合には、すぐに使用を控えるようにしましょう。

ティモ(TiMO)の成分についてのまとめ

ここでは、ティモ(TiMO)の成分についてご紹介いたしました。ティモ(TiMO)の成分は、主に保湿効果のある成分が多く配合されていることが分かりました。しかし、それ以外にも、美白効果があったり、消炎効果のある成分、新陳代謝をアップさせる成分などがありましたので、これ1つで肌の悩みを解消出来るジェルになっていることが分かりました。

 

また、この上記でご紹介した成分については、基本的には安全性の高い成分ばかりになっていますので、安心して使うことが出来ます。しかし、もしもティモ(TiMO)を使用して肌が荒れた場合には、すぐに使用を控えるようにしましょう。

 

>>ティモ(TiMO)の最安値はこちら